インプラントの流行

8020運動というものがあります。
これは80歳になった時に20本以上自分の歯が残っているように努力しようという運動です。
かつては今に比べて歯科の技術が進歩していなかったこともあり、少しでも問題があると抜いてしまっていた関係で、今となっては少々少なく見えるかもしれません。
ただ、現在においても依然として歯が失われてしまうことは考えられます。
そういった場合の対策としては従来「入れ歯」や「差し歯」というものが利用されてきました。
しかし、入れ歯は外部から接合しているだけであるために噛む力などが弱まってしまう問題があり、差し歯には衛生上の問題があるなど、様々な問題点が指摘されてきたのも事実です。

そういった中で新しい技術として注目を集めているのが「インプラント」です。
インプラント、日本語訳すると「埋め込み」という意味になります。
そう、その名前の通り今までの入れ歯や差し歯とは違って歯根に歯を埋め込むようにすることで、本当の歯と変わらないような使用感になるというのが特徴です。
メンテナンスなども行いやすいなど、メリットが多い方法として注目を集めています。

ただ、このインプラントについてはリスクもあると言われています。
新しい医療技術を利用するのであれば、メリットだけではなくデメリット、リスクに当たる部分も当然知って、理解した上で選択しなければなりません。
そこでここでは、インプラントで発生するリスクについて紹介します。


≪特別リンク≫
無痛診療が人気の東京港区の新橋インプラントセンターです => 東京 インプラント